うちのチョビ

チョビ(♀)、ブルーボタンインコ。 正式名chobixon。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョビが手に乗るまで



暑いですか?
わたくしはヘッチャラです




キモチイィーーー


* * * * * * *

「どうしたら手に乗るようになる?」
と質問をいただいたのです

皆さん、最初から手乗りor挿し餌からでしょうか?

うちのチョビは、
一人餌なりたてくらいのお迎えで、
最初にダメ飼い主(わたし)がトラウマになるような恐怖感を与えたせいで…

…逃げる、噛む。指ダイキライ

の子でした。


じょじょに、服を着た肩にならとまる
じき、肌の露出している部分にも何とかとまる
たまに指に触れるのOKになる
条件次第で指にとまる
・・・などを経て、

誰が指を出してもピコッと来てくれるようになりました。
最近は、背中ナデナデや軽くニギニギもOKになりつつ。

むかし飼っていたベタ慣れ文鳥さんでは当たり前だった
ひとつひとつの触れ合いに、感動しちゃいます。


それで…
どうやって手乗りに?ですが

・まずはケージ越しにカキカキ、ケージ越しに餌渡し、など
 手を友達と思ってもらうよう努める。

・それから直接手の平に乗せた餌を食べさせようとしたり。
 (持久戦で、だいたい根負け。たまーに首のばしてついばんだか)
 タオル越しに腕や指にとまらせたり。

・手を受け入れやすい場所、条件、がないか探す。
 うちは、ノートパソコンのキーボードの上(温かい)、
 ドアのてっぺん(高い)、実家など(見慣れない場所)、
 にいると、指を出した時の反応が穏やかだったので、
 こういうときに頑張ってアタックしました。
 手に乗り始めたのも、これらの場所からです。

・アレうっかり、という感じで偶然にでも乗ったら。
 「そうそうそう~~!!」と言って、大拍手。(拍手ヨロコブ)
 で、普段では考えられないほど優しい声と表情で、
 愛情を降り注ぐ。手に乗ると愛してもらえる!と思ってもらう。

とにかく(最初の反省で)意識していたのが、
「怖がらせない」「無理しない」ということです。
追っかけ回したり無理に握ったりとか、恐怖体験は絶対NG…。

という感じ。


不勉強なので、もっとよい方法があるんだろうな。

ベタ慣れしている子がいると、もっと速いんだろうな。

諸先輩方、皆さんのおうちではどうですか?
もしエピソードとか秘訣なんかがあったら教えてくださいね。


「ボタンインコ なつかない」「ボタンインコ 流血」
とかでネット検索してた昔を思い出しましたふふふ*

<< 孤高か孤独か | ホーム | 神戸の鳥さん >>

コメント

チョビさんの迫力のアップ顔。水浴び後はすっきりしてて清々しいですね~。
鳥さんを手乗りにする方法。鳥さんによって性格が違うので難しいのですが、一般的には「鳥さんが来るまで待つ」「おいかけない」「音でコミュニケーションを取る」だと思えます。1番目と2番目はわかりやすいですが、3番目の理由は鳥さんってさえずりでコミュニケーションをとる生き物だからです。耳が不自由などで、声が出ないかたでも代わりに楽器や鈴やクリッカーで充分代用できます。あとは根気と忍耐。

  1. 2009/08/18 10:33 |
  2. miw@dangobird

チョビちゃんのお迎えの頃、
やっぱりあどけなくて可愛いですねぇ♡
不安で首のばしてお外見てるんだ。
こういう姿、抱きしめたくなっちゃいます!
が、手乗りにする為に背後からガバっとはNGですね^^;
うちの仔はさし餌がもうすぐで終わりという頃にお迎えでした。
手乗りにはなりましたがカキカキ厳禁です(>_<)
私なんか最初、ケージに戻すために追いかけまわしてしまいましたもん。大失敗!
信頼を取り戻すためには持久戦のようですねぇ、やはり。
水浴び大好きチョビちゃん、気持ち良かったかな(^v^)

  1. 2009/08/18 16:24 |
  2. なっぴー

夏はやっぱ水浴びですね!!
チョビちゃんの目がガラスみたいですっごいキレイ♪
どこも最初は仲良くなるためにイロイロ試行錯誤されてるんですね。
勉強になります。
ウチは最初、上手く飛べないくせに
あまりにも逃げ回って危なかったので
出す時は狭いお風呂場に一緒に入って
笑顔で「怖くないよー」とずーっと話しかけてましたね。
すると狭いんで逃げれないし、こっちを気にするようになって
だんだん近寄って来て乗ってくるようになりました☆
あー、懐かしいです。

  1. 2009/08/19 00:35 |
  2. mirumiru

● miwさん
先輩!ありがとうございます
「音でコミュニケーション」…なるほど…
たしかに、音はいつも気にしていますね
とくに、鈴の音や拍手、あとポニョの歌とか、好きな系統がありますね!
根気と忍耐。
わたしに最も欠けていること、でも(未経験ですが)子育て全般に
共通することですね~
● なっぴーさん
あどけないチョビまで見ていただいてありがとうございます★
なっぴーさんも、追いかけまわしてしまったのですね
…わたしもたいそう。。。
当初の惨劇を思い出すたび、今のチョビを見て感慨に耽ってしまいます
ピーちゃんは、カキカキ厳禁なのですか
お茶目でキュートだけど、主義主張がしっかりしていそうですもんね!
● mirumiruさん
他のおうちではどうしているの?って、知らないですもんね
わたしもすごく勉強させていただいています
お風呂ですか!
初めて聞きました
>すると狭いんで逃げれないし
(笑) 功を奏してよかったです★
ちなみにmirumiruさんご入浴中、アイルちゃんは何してるんでしょうか~

  1. 2009/08/19 09:21 |
  2. asami

 すいません。毎日拝見しておりましたが、今回はなんだか昔が懐かしくなってしまって、書き込みさせていただきます。
 内気なヤツ、好奇心旺盛なヤツ、暴れん坊なヤツまで性格は様々ですけど、やはり楽に手乗りにするなら当然挿し餌からですよね。
 14歳まで生きていた我が家の初代ボタンは、挿し餌から育てたのと、おっとりとした性格もあってか、私の手のひらの上でも熟睡する可愛い子でした。
 現在5代目ボタンは、生後四ヶ月の時にバリバリの一人餌でお迎えしました。昨年の事です。
 ペットショップで出会った時に、ケージに指を入れたら飛び掛って来たんです。元気が良くて長生きしそう(!!)だと思って家に連れ帰ったて来たものの、その余りあるエネルギーに即日閉口する事になりました。
 毎日一時間程度放鳥しました。人の手は恐れないし、腕にも肩にも平気で止まります。手のひらの上にオヤツを置けば喜んで食べるんですが、咬む・・・・・・・。
指でも手首でも耳たぶでも容赦なしです。
 そんな中で日々カサブタを作りながら、気をつけていた事があります。この手のインコは咬まれた人が「痛い!」と叫ぶと、喜んでもらえたと思うそうなんです。そしてもっと喜んでもらおうとして、咬む・・・orz
 なので対処方として、咬まれて痛くても「痛い」と声に出さない。咬まれたらすぐにインコをケージに戻して、「咬んだら家に戻される(楽しくない)」と認識させてやる。
 これを続けて更に半年、その日放鳥した時、耳たぶに甘噛みしてくれた時は涙が出そうになりましたって、今思い出して涙が出てきました。

  1. 2009/08/19 22:27 |
  2. うるふぃ

asamiさん おはようございます。
チョビちゃんはこの暑さもへっちゃらなんですね!
うん、それだけお顔が濡れていたらへっちゃらかも(笑)
水浴びを豪快に楽しんだのかな♪
チョビちゃんとasamiさの馴れ初め、読ませて頂きました!
今のチョビちゃんに至るまでに、色々なことがあったんですね。。。。
検索単語が”なつかない”とか”流血”だっとは、想像もできないくらです。
家は2羽とも挿し餌でのお迎えだったので(フクちゃんは終わりかけでしたが)、特に何かをすることなく手乗り&人間慣れしてくれました。
ただやっぱりピナ姉さんが小さい頃は私も不慣れで、体が弱くなってしまったのは私の挿し餌が悪かったのかなと思うこともあります。。。
2羽とも人間の声が好きなので、やっぱり音や声のコミュニケーションって大事なのかも~!
あと指を出すときは今でもアンヨの下側から指を差し出すようにしています。お願い、ね?という感じで(笑)

  1. 2009/08/20 07:21 |
  2. ひの

● うるふぃさま、はじめまして
とても温かい気持ちになるコメントをありがとうございます!
この記事書いてよかった~と思いました^^
5代目ボタンさんですか!!わあ~~それに14歳って・・・
本当にボタン好きでいらっしゃる、大大先輩ですね★
半年間、痛い!を我慢してケージに戻す、を繰り返されたなんて。
さすがだな~と思いました。
でもやっぱりボタンも賢い。学習しますね。
暴君が甘噛み、、さぞかし嬉しかったことでしょう
私はチョビに噛まれたらそのまま「コラァ!」と怒ってしまっていました。
よっぽど怖かったのか(…)、いつの間にか噛むことは無くなりましたが、
コレしたらアレが起きる、と何かを教えてみたくなりました。
今のボタンちゃんは何と言うお名前なのでしょうか?
またエピソードなど、教えてくださいね。
これからもチョビ共々、どうぞよろしくお願いします!

  1. 2009/08/20 10:09 |
  2. asami

● ひのさん
そうなんです、あの鮫の目で噛まれたりしてたんですヨ…
懐かしくはあれど、もう勘弁です (笑)
さすがアフリカの鳥(…?)、暑さはヘッチャラみたい。
でもこの日は私の水スプレーを延々浴びていたので、
やっぱりちょっと暑かったのかな?
フクちゃんとピナ姉さんは、やっぱり、挿し餌からの子でしたね。
何だかそんな気がしていました。
ピナ姉さんはもともとの体質かな…?
でもひのさんのしっかりとした観察眼があるから、私は安心しています。
「お願い、ね?」は…親しき仲にも礼儀あり、みたいな感じですね!
そういう気持ちを忘れず、よりよい仲を築いていきたいなと思いました。

  1. 2009/08/20 10:16 |
  2. asami

教えてくれてありがとうi-233
昨日から手にも乗るし
肩にものるようになったよi-185

  1. 2009/08/20 22:38 |
  2. ゆみ

はやい!
よかったですね~
私自身が他の皆さんに教えていただきました^^

  1. 2009/08/24 19:52 |
  2. asami

コメントの投稿


管理者だけにメッセージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。