うちのチョビ

チョビ(♀)、ブルーボタンインコ。 正式名chobixon。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日マントのように



濡れたマントをブワサァッ・・・

<< すっごい太ももフンバリ | ホーム | ミラノサローネの鳥カゴ >>

コメント

濡れたマントと言えば、大正か明治の帝大のおにーさんあたりの、しかもちょっとビンボーはいった(おいおいおいおい)、下駄に詰め襟に学生帽そして雨よけの黒マントってのが個人的に好きなんです。こう、ぽたぽた水がしたたっていたりして。森鴎外(ちょっとセレブっぽいか~?)夏目漱石とかたけくらべとか稲垣足穂とか。妄想いっぱいです。
でも実際は臭うし垢まみれでついでにオプションでシラミがもれなく付いて来たりして、と実際に昭和初期に学生だったじーさま(帝大じゃないけど)の話を聞いたりした後はしょんぼりです(笑)。
闇夜に華麗に舞い、去って行く怪盗もいいな。
ちょびさんは獲物ばっちり取れました?

  1. 2009/06/16 13:13 |
  2. miw@dangobird

わーmiwさん文学少女ですね!
チョビ的には・・・稲垣足穂の世界観でお願いしよう、
怪盗になるにはボテボテすぎますし(笑)
ちょびさんはこの後、となりの島に移っただけでした。
すっごいしゃがんで構えて、イザッ・・・ほんのちょっと飛行、で笑っちゃうことよくあります。

  1. 2009/06/16 17:55 |
  2. asami

asamiさん こんばんは。
塗れたマントで飛び立ちそうなチョビちゃん、視線の先はどこ・・・・!
と思ったら、すごくかっこいい姿なのにお隣の島に移っただけだったんですね(笑)
そのギャップも可愛いと思います♪
予想外の仕草に弱い私です。
インコオイルのお話、こちらですみません!
セキセイさんは尾羽の付け根辺りに脂を分泌する腺があって、尾羽を扇状に広げてくちばしで腺をクシュクシュして脂を分泌させているようです。(asamiさんに見ていただいた、ピナ姉さんのあの写真がその瞬間ですー!)
その後、頭を腺の辺りでグルグル高速回転させ、脂を頭に馴染ませてから羽繕いをして、羽や足などまんべんなく脂をコーティングしているみたいです。
オイルを塗った後はとっても良いカホリです♪
インコさんによってカホリや仕草って全然違うんですね。鳥さんの魅力って深い。。。。
長くなってしまってすみません!

  1. 2009/06/16 22:06 |
  2. ひの

ひのさん、保存版コメントありがとうございます◆
わたしはむかし(軽やかな)文鳥を飼っていたので、
ボタンのボテンとどんくさい感じにいつも(*≧m≦*)プププです
セキセイも身軽ですよね~
インコオイルのおはなし、感動。。。
ピナ姉さんのあのポーズ、まさに!やっと、本当に、あの写真のすごさが分かりました。
よく分かっていなかった自分が恥ずかしいや。チョビもごめんねー
確かに、羽繕いのときは頭をクイィ~ッと曲げて、おしりクシュクシュしてます。ボタンも同様かもですね。丁寧に教えていただいて、感謝しています!もっともっと観察しなきゃ^^ありがとうございました

  1. 2009/06/17 12:23 |
  2. asami

コメントの投稿


管理者だけにメッセージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。